異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

中国の戦国時代ドラマ芈月傳 21話あらすじ

中国時代劇 中国時代ドラマ 芈月傳

东方卫视で芈月傳が始まりました。
アプリでは今の所、乐视网(http://letv.com),腾讯视频(http://v.qq.com/)で見ることができます。
f:id:shan1tian2:20151202103612p:plain

芈月传 21話

芈月は秦王(嬴驷)に会いに行きます。
嬴驷は最初会わないと言いますが、結局少し考えて会います。
芈月は符节には「魏」の文字があった事を思い出したと報告します。
そして嬴驷にこの件を調べてくれと話します。
嬴驷は芈月にもめ事をこれ以上起こすなと叱ります。
芈月を助けた穆监も冷たくあしらいます。

魏国の使者は公孙衍に嬴华を早く皇太子にするように催促します。
公孙衍は魏琰を使って张仪に金を渡し、
皇太子の件を秦王に話してもらうようにします。
それを聞いた芈姝は芈月を张仪の所に向かわせ阻止してもらうように話します。
そして张仪は両方からお金をもらいました。
朝廷で张仪は皇太子を立てるべきだと話します。
それに乗じて公孙衍が嬴华を皇太子にするべきだと言います。
それに张仪は焦る必要もないと言い反発ます。
結局皇太子の件は見送られました。
芈姝は喜びます。そして芈月に私の部屋で一緒に暮らそうと話します。
魏琰は张仪により計画が潰され、より一層张仪を凶弾しようと考えます。


芈月は张仪にお礼に行きますが、
张仪は今回は金の問題ではなく、
芈月に借りを返したということを芈月は見抜きます。