異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

劉詩詩主演のドラマ風中奇縁 32話 宮殿内の戦い

中国時代ドラマ 風中奇縁

そろそろ年末です。
ドラマが終わってだいぶ経ちましたが、
あらすじのほうも後5話、頑張って書きます。
霍去病に子供っていたんでしょうかね?
この辺から歴史が怪しくなってきているんでしょうか

32話 宮殿内の戦い


莘月が衛府に戻ってしばらくたちました。
莘月の体調ももう大丈夫のようです。


莘月は自分の生命をかけて無理やり早産したことを
大胆だったと考えます
もし失敗したら无忌は九爷を許したかどうかと考えます。
そして今はまだ言えないと。



朝廷では卫无忌が大司馬に報じられます。
これで卫无忌は万谦と同等の位になります。
家臣は大司馬はもうすでに一人いると言いますが、
皇帝は意に介しません。


今回の戦いで死亡した(迷子になったことを悔いて自殺)
李达の祭壇に秦湘がお参りに来ます。
李佶と秦湘はそのことについて話をします。


朝廷でもその話が持ちきりです。
皇帝は卫无忌にそのことをどう思うかといいますが、
私にそのことは関係ない、権力争いには参加しないと言います。



別の日再び李佶と秦湘は無しをします
秦湘は復讐の話をしますが
李佶は復讐がそんなに大事なのかといいます。
李佶は秦湘の本当の目的を調べて知ってしまったようです。
秦湘は知ってしまったのなら、私はどうするべきだと
李佶に尋ねますが、ちょうどそこに皇后が現れます。


皇后は秦湘に李佶と何を話していたのだと聞きます。
朝廷内では李达の公道(正義)について色々と討論されていて、
万氏を批判する人も現れているようです。
そのことについて皇帝も頭を悩ませているようです。
皇后は秦湘に万氏は盤石なので揺るぐことはないと言います。
李佶に諦めるべきことは諦めるように勧めなさいと言います。
秦湘は皇后が権力争いは関係ないという顔をしているようで
(長公主はいつもやっているが)
ちゃんと万家の事を考えているのねと嫌味を言います。
皇后はさらに莘月と卫无忌が子供を見に宮殿に来ることを話します。
秦湘は親子引き離されている苦痛を知ったほうがいいんじゃない?
とさらに嫌味を言い去っていきます。



李佶の家に再び秦湘が訪ねてきます。
李佶は秘密を知ってなおも
秦湘に何があっても助けると言いながら
復讐は諦めろと言います。
苦しむのを見ていられないようです。
一緒にどっかに行こうと言います。
李佶は全てを捨ててもいいと言います。
それでも秦湘は自分の道を進むと言います。
そしてどこにも行かないでと李佶に言います。
貴方と一緒に居る時が一番安心できる時間だと。
李佶は何を言っても止まらないのか?と聞きます。
秦湘は止めたかったら今殺せと言って李佶に剣をわたし、
貴方の胸中で死ねるのなら悔いはないと言います。
李佶は剣を投げ捨て秦湘と抱き合います。


皇后の計らいで、
莘月と卫无忌が子供に会いに来ます。
何も知らない卫无忌は子供を自分の子供だと思ってみていますが、
莘月の気持ちは複雑です、しかし悟られないように努力します。


別室で子供を見る二人、莘月は本当の事を言いたくてたまらなくなります。
そこに秦湘がちらっと顔を出します。
それにつられて莘月は秦湘を呼び止めます。
秦湘は感じはどうと莘月に聞きます。
今日から子供が宮廷内に居る限り本当に笑うことは出来ないでしょうと。
毎日心配でしょうと。。
今日はつまずいて倒れるかもしれない、明日は池に落ちるかもしれない。
どんなこともおこりえる可能性がある
そうなっても皇帝は侍女を処分してそれで終わり。。
そうでしょうと。。。
でも安心して、私はちゃんとあなたの子供の面倒を見るといいます。
そういった瞬間に莘月のアイアンクローが秦湘の喉を絞めます
そして言います。
もしあなたでなければ私は卫无忌結婚できたかもしれない
もしあなたでなければ皇帝が子供を宮廷内で育てると言わなかったかもしれない
もしあなたでなければ今の状況は全て発生しなかったかもしれないと。
首を絞め続けます
秦湘はここは砂漠ではない。こんなことをして後の事は全部責任持てるのかと。。
莘月は涙を流しながら秦湘にあなたはもう狂ってしまっていると言います。
手を放し、落ち着きを取り戻して秦湘に言います。
もし私の子供が転んだら、あなたの子供を気を付けなさいと
もし子供に何かあったらただでは済ませないと
秦湘はそんなことは貴方にはできないと言いますが、
莘月は秘密はばらさないので安心しなさいと、
卫无忌は今兵権をもっているのであなたの気にかけている人がどうなるかと。。
脅しをかけます。



部屋に戻って
卫无忌は何があっても子供は連れ戻すと言いますが、
莘月はダメだと言います。皇帝の命に背いては立場が悪くなると
そして莘月は本当のことを言おうとしますが、
そこに物音がします。