異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

劉詩詩主演のドラマ風中奇縁 30話 恨み憎しみ

中国時代ドラマ 風中奇縁

中国のドラマってどうしても恨みとか、憎しみとか、復習とか
そういうのが多い気がします。
莘月見たいな人は割と特殊なんじゃないでしょうかね。

30話 仇恨


石舫に秦湘の使者が現れます。
どの面下げてきたって感じですが、石风以外は全てにこにこと
送り出します。
石风は何でそんなことができるのかと九爷に聞きますが、
九爷は以後、秦夫人の使者は全部あなたが接待しろと命令します。
建安に居たいならちゃんとしろといいます。

莘月は体も回復したし九爷に宮廷にお礼に行かないといけないと言いますが、
九爷はダメだと言います。
然しどうしても行かないといけないと言う莘月に九爷は
宮廷内でいかなるものも食べてはいけない、長居はしないこと
と言って何かがあれば皇帝を探せと言います。
皇后、秦湘いずれも信じてはいけないと言うことです。
(皇帝は卫无忌を必要としているから莘月を助けると言うこと。)
莘月は先に皇帝にお礼のあいさつに行きます。
皇帝は子供はいつ生まれるのかと聞きます。皇帝には何か考えがあるのでしょうか?


莘月は秦湘に会って嫌味を言って
速攻帰るつもりでしたが、呼び止められてしまいます。
秦湘は莘月に皇后があなたを守ってくれると思っているのかと聞きます。
中毒になったのは本当に私がやったと思っているのかといいます。
無言で去ろうとする莘月ですが、
秦湘は「瑾瑜」と呼びなぜ羯族の王を手放したと、仇ではないのかと?
秦湘は莘月の事を調べていたようです。
復讐を諦めた莘月ですが、秦湘は莘月が復讐の心を知らないと思っていた
のでそういっているのだと思って今したが、莘月はその心もわかると知ったので
解っていてなおも諦めろと言うのを問いたいようです。
莘月は父に幸せになりなさいと言われたと
そう言われなかったらどうなっていたか分からなかったと
秦湘の母は復讐を願った。どうしてこんなに不公平なんだと。。
更にあなたには莫循、卫无忌もいる、私には何もないと言って、あなたを恨むと言い出します
復讐に取りつかれて自分を見失っているようです。


そして皇后の所にあいさつに行きます。
皇后は今回の事はいい薬になったでしょうと言い
皇后は耐えるべき時は耐えるべきだと言います。
あれは耐えられないと言いますが、
(おそらく珠玉骊姬の事、口出ししなければ何もなかったはずと)
皇后はそれでも耐えるべきだと言います。
耐えられないことはないと。。


結局毒は秦湘がやったのでしょうかね?
分からないままですが。。。


宮廷を出ると丁玲と秦元蒞が待っていて、少し話をします。
秦湘は一人ではないのにそれをわかってないと。
秦元蒞は秦湘の長兄


馬車の中、莘月は皇后に対しても疑いを持つようになりました。
皇后は卫无忌に莘月の結婚を許そうとしているが、万氏は許していない。
皇后は万氏の中で一番偉いので他の万氏が許さないのはどうもおかしい。
皇后の莘月に対しての態度は表向きだけで、今回の毒の件、
皇后が毒を盛ってそれを許さない卫无忌に秦湘を処理させようとしたのかも
しれないと考えます。
それによって卫无忌の寵愛が亡くなってしまったとしたら万氏にとっても
都合がいいと。。。
目的は違うかもしれないが、どちらも私を殺そうとしていると。。
九爺はそこまで見抜いていたようです。


長公主と皇帝が話しています。あの子はほんとに頭が痛いと。。
だから莘月はダメだと言ったのにと。。
今は身ごもって手を出すこともできないと。
皇帝は手を出すどころか、戦争に勝つために守ってやる必要があると



帰ってきて眠る莘月ですが、夢の中にそれぞれ出てきます
それで目が覚めてしまう莘月、そこに九爷が現れます。
莘月は九爷に毒を盛ったのは誰だと思いますかと聞きます。
九爷は皇后、湘夫人どちらも可能性があると
皇后であるとすれば湘夫人に罪をかけようとしたと考えられるし、
湘夫人は直接あなたに恨みがある。皇后であるとすれば衛府に居るのも危ない。
それで石舫にいるのが一番安全だと言う結論になっているようです。
色々考えてしまう莘月です。


莘月に卫无忌からの手紙が届きます
内容は戦いに勝ったと言う知らせのようですが、
これで卫无忌の位はまた上がるかもしれない万将軍を超える可能性もある。
莘月は皇帝がこの子供をほしいと言い出すのではないかと心配します。
宮廷内で育てると言い出せば離れ離れになるので
私を苦しませると言う秦湘の目的は達せられる
更に私が小さい時羯族と一緒に居たことを知っている
九爷は莘月と胡伟立の間には恨みがあるので皇帝は疑うことはないと思う
もしかしたら私が羯族を助けるために卫无忌を利用するのではないか?
そういう面倒が無いように子供を宮廷内で育てると言うのではないかと。。。
九爷は私がいる限り心配するなと。