異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

劉詩詩主演のドラマ風中奇縁 24話 疑いねたむ

中国時代ドラマ 風中奇縁

上海は相当寒くなってきました。
更に乾燥しています。くれぐれも風邪には気を付けましょう。
それはそうと一ドル121円まで下がりましたね。。。
これはこのままいくのでしょうか?週明けドカーンと上がったりしますかね?
それともまだまだ下がって行くのでしょうか?
分かれば苦労ないですね。。
今回のお題は、「猜忌」(cāijì)です。
日本語にすると、疑いねたむ,勘ぐる,そねむ、邪推(邪推)と言う意味です。
邪推=他人の心意を悪く推量すること。

24話 猜忌

秦湘の目的は帝位を奪うことです。
すなわち自分の息子を皇帝にすることです。


卫无忌は黒石を連れてきます。
黒石は莘月に生きていてうれしいと言います。
黒石は莘月に昔の事を謝ります。
胡伟立と冒云珠が結婚したこと
冒云珠の傷は莘月がやったと言うこと
等を話します。
冒云珠が死んでいなかったので莘月は少し安心します。
そして胡伟立の話になります。
卫无忌と黒石は相当酔っぱらったようです。
莘月は外で苍狼印の入った馬を見かけます。
黒石はこんなところで苍狼印を見るとはといいます。
莘月はこの印に見覚えがあるようです。
黒石は苍狼印は砂漠の化身だと言います。


莘月は部屋に戻ってから苍狼印が九爺の事だと、
あの日探していた女性は私だったと言うことに気づきます。


苍狼印の馬に乗った砂漠の人たちは九爺の所にあいさつに来ていました。
商いは終了するようですが、砂漠は何があっても九爺を助けると。


莘月の所に
九爺と石大哥(石谨言)が正月のあいさつに訪れます
小風のお爺さんが話があるので石舫を尋ねてほしいと、
もし私が嫌だったら私はその時いないようにすると


その後、石谨言が莘月を尋ねてきます。
石谨言は貴方が知るべきことを話しに来たと言います
石谨言は貴方が建安を離れてから九爺は苍狼印を使って
貴方を探していた、このことを知っていますかと
莘月は2日前ぐらいにそのことに気付いたと言います。
石谨言はさらに砂漠の盗賊、王すべてを使って探したが、
見つからなかったと。。。
九爺は卫府にも行ってあなたの知らせが無いかと頼んだ。
九爺はそんなことをしたことはない、初めて人に頼んだと言います
でも陳叔はどう答えたか知っていますかと。。
その後卫将軍が帰ってきてから九爺は直接聞いたが
卫将軍は知らないと言った。彼は嘘をついた。
莘月はもう話さないでといいます。
然し石谨言は話さずにはいられないと
石谨言は貴方が誰を選択しても私はうれしいと言って帰っていきます。


卫无忌が帰ってきます
莘月は機嫌が悪いようで食事もしていません。
卫无忌は夫婦は隠し事しないと言いますが、
莘月は誰があなたの妻よといいます。
そしてそのことを話し二人は喧嘩になります。
卫无忌は興奮して、馬を走らせ落馬してしまいます。


宮廷に卫无忌落馬の話が伝わり、皇帝は何としても助けろと言います。
秦湘は皇帝に彼らの三角関係の事を話します。


落玉坊に陳叔が訪ねてきます。
陳叔はあの時の事を謝ります。
ひたすら謝る陳叔。
話したいなら立ってから話せと言います。
陳叔は卫无忌が落馬してずっと昏睡状態のまま目覚めない
医者に見せたが、どうしようもない、九爺は医療の技術があると聞いたので
九爺に頼んでみてもらえないかというものでした。
陳叔はもし助かるなら私の首を差し出してもいいと言います。
莘月は九爺を甘く見すぎだといい急いで石舫に向かいます。
九爺は莘月が訪ねてきたことに嬉しがり何が食べたいと言いますが、
莘月は卫无忌を見てくれと九爺に頼みます。。


感想

九爺がずっと莘月を探していたことを黙っていたことに対して、
莘月は怒ったようですが、もし蒼狼印に見つかっていたらどうしてたんでしょうかね?