異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

劉詩詩主演のドラマ風中奇縁 6話 莘月は秦湘の入宮を手助けする

中国時代ドラマ 風中奇縁

ドラマ风中奇缘のあらすじの続きです。
今回はちょっと会話が面白いです。
あれについてだよ、あれって何みたいなのが面白いです。

6話


莘月は秦湘に入宮の準備として孫子の兵法13典全部覚えろと言います。
红姑はそんなものいるのか?といいます。
後宮は莘月は男と女の心の戦いだといいます。
後医学も学習しなさいと。。。
重要なのはあっちのほうの技術だと。。。
红姑はそっちの本は卫无忌に手配してもらえばいいじゃないかといいます
莘月は卫无忌にエッチなことを勉強するための本を借りに行こうとしますが、
恥ずかしくてなかなか言い出せません。
そして是男女那个有关的といいますが。。。

无忌:什么?
无忌:那个。。。哪个
无忌:你刚刚讲得
无忌:我不是很明白
无忌:可不可以再说得
无忌:详细一点
莘月:不找拉倒
と言って帰ろうとしますが、卫无忌は引き止めます

无忌:你是要自己看
无忌:还是别人看
莘月:给别人看


无忌:这种书多看看好
无忌:对你大有帮助
无忌:但如果你看不懂的话
无忌:我可以帮你

卫无忌は莘月が恥ずかしがるのが面白くて、
羞恥プレイでしょうか。。。からかいますが、
莘月が探さないのならやめる「不找拉倒」と言って帰ろうとすると腕をつかんで引き止め
自分が見るのかそれともほかの人が見るのかと聞きます。
他の人が見ると聞いた卫无忌は安心したのでしょうか?
何でそう聞いたかは判りませんが。。
宮内にはあると言うことで手配してあげることにします。
礼を言う莘月ですが、
卫无忌はさらにいじめます
このような本はたくさん見ればいい
貴方を助けるであろう。でも解らないところがあったら
私は貴方を手伝うことができると。。。
莘月は卫无忌に肘を入れて出ていきます。


本を手に入れた红姑ですが、秦湘に教えるついでに
莘月あなたにも教えましょうかといい、莘月をからかいます。



ある日莘月は金银花(スイカズラ)の種を植え始めます。
花が咲くころに告白するつもりでしょうか
九爺のばかりを考えています。
男性の心は男性のほうがよくわかると考え、
莘月は秦湘の兄に話を聞こうとして秦湘に付き合えと言います。
秦元蒞と一緒に居た丁玲との関係をからかう莘月


秦湘の琴の修理が終わりました。裏で書いた絵を見せている李公子
そこに琴の音が聞こえてきます。
店長はこの琴は李公子(李佶)が修理したと言います。
音を聞いた李公子は楽器者さんに向かいますが、又してもすれ違います。
秦湘は画廊に行って画を見ますが、これがまた李公子が書いたものでした。
秦湘は李佶と自分は同じ心なんじゃないかと思い始めます。
そして林の中で琴を弾く秦湘を李佶が見つけます。
二人は少し話をします
秦湘は私的な事と大義があればあなたはどちらを選ぶかと聞きます。
大義だと答える李佶に秦湘はため息をつきます。
何かを思った秦湘はその場を立ち去ります。
止めようとする李佶ですが、それをもう一人が止めます。

卫无忌が落玉坊に現れて莘月にあの本は見たのかといいます。
その後李佶が落玉坊に現れて主を出せと言っているようです。
莘月は秦湘に会うのか会わないのかは自分で決めろと言います。
秦湘は会わないと言います。
莘月は偽物をあてがい李佶に会わせます。
李佶はなんか違うぞ???みたいな感じで帰っていきます。
莘月はまだ間に合うと秦湘に言いますが秦湘は固辞します。


私の解釈では秦湘に気持ちがあるが、目標の為にそれを諦めたのだと思います。
それを決定づけたのが李佶に問うた質問の答えだったのかもしれない。
莘月は長公主に秦湘を面会させます。
長公主は秦湘の琴を美玉(絶世の美女)だと言い満足したようです。



林の中で馬車に乗った九爺のと砂漠の住民数人と話をしています。
九爺は砂漠の住民に物資を供給している模様
冒云珠らと話をします