異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

中国漢時代のドラマ衛子夫 (6)11話、12話 あらすじ

中国時代ドラマ 衛子夫

漢時代のドラマ衛子夫の続きです。
皇后と窦太主親子は相変わらず
悪知恵を働かせてます。
太皇太后は悪者のようですが、国の事を考えています。
太皇太后間で汚職しまくりだと国なんてあっという間に崩壊しそうですね。
ということでドラマ衛子夫のあらすじの続きです。

11話

太皇太后に命を受けた皇后は衛子夫に直接手を出せなくなります
何しろ后宫で衛子夫に何かあったら自分の責任になる。
衛子夫が妊娠したことによって沈葭(衛子夫の侍女)は
母親にいろいろ言われます。(あなたもも早く結婚しなさいてきな。。)

平阳府の住民の対応は公主が現れ、墓を移動したのち新しい祠堂を提供
するということで住民は納得します。


ある日皇后は衛子夫ら婦人たちを集めても擁し物を開きます。
その時わざと怖いも出し物を出して、衛子夫を驚かせます。


そのころ平阳府に向かう衛青に刺客が現れ衛青は捕まってしまいます。
窦太主が韩焉に衛青をとらえるようにに命じたものです。
窦太主の目的は衛子夫には手を出せないもの、衛青に手を出して心配させ、
流産させようという計画です。
衛青が行方不明になった知らせは兰林殿にも入り
段宏は自ら探しに行くことにします。途中、公孙敖の助もかり、
大規模操作が始まります。

衛子夫の下には明日皇帝が帰ってくるという情報が入ってきました。
そこで易叔叔(易寒)は心配します。
もし皇帝が帰ってくれば衛青を解放しなければいけなくなる。
それだと目的が果たせない、ならば今夜中に衛青を殺害する可能性が
出てくるというものでした。
それを聞いた衛子夫は皇后の下に向かいます。
そして皇后に衛青を探してくれと頼みます。
見つかるまでここから動かないと。。



12話

捕まっていた衛青は馬を利用して火を放ち自ら逃げ出しますが、
手を火傷したうえ武器もないため苦戦していました。
そこに段宏が駆けつけ二人で逃げますが、段宏も怪我をしてしまいます。

そのころ衛子夫は
皇后の部屋(椒房殿)で衛青が助かるまでここにいると言い張ります
討論になり皇后は衛子夫を突き倒します。すると血が出てきました。。
それでも出て行けと窦太主は言いますが、
そこで皇帝が現れます。衛子夫は兰林殿に連れていかれ
椒房殿で皇帝はこれはどういうことだと暴れます。
医者から衛子夫は無事だと聞かされた皇帝は兰林殿
に向かいます。そこに段宏、衛青が戻ってきます。
衛青は段宏に感謝しますが、段宏は公孙敖のおかげだといいます。
その時に段宏は倒れます。


太皇太后は皇后と窦太主を呼びつけます。
そしてお前らがやったんだろうと白状させます。


皇帝と話をする衛子夫は衛青を助けるために腹の子供まで
犠牲にしようとしたことに後悔します。


皇帝はこの件を詳しく調べようとします。
その中で韩焉が怪しいと考えます。
そのことを皇帝と平阳公主が話し合っている時に
太皇太后が現れそれ以上調べるなと皇帝に言います。
太皇太后は調べた結果皇后が主犯だったらどうするんだと
太皇太后は既に誰がやったか知っている)
国の安泰の為にこれ以上調べるなと言っているみたいです。
皇帝は真相を調べるのを諦めます。