異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

上海で映画マレフィセントを見てきました。

上海

[沈睡魔呪]
上海で映画をすごい久しぶりに見ました。

やっぱり3Dだと映画のほうがいいですね。
料金は45元のところ、美团团购で買って、
一枚1元、もう一枚は31元で買いました。
やっぱ映画のチケットは团购がお得です。

見た映画は、マレフィセントで、
中国語の映画名は「沉睡魔咒」chénshuì mózhòu
熟睡の呪いと熟睡の呪い、呪文と言った感じでしょうか
ディズニーの映画って事でなんか関係があるのかと思いましたが、
「眠りの森の美女」とは想像つかなかったです。
マレフィセント(Maleficent)は「玛琳菲森」となってました。
アンジェリーナ・ジョリーは「安吉丽娜·朱莉」となるようです。
私自身「眠りの森の美女」の物語自体を詳しく知らなかったのですが、
知らなくても十分楽しめると思います。
最初から3D映画を想定したつくりになっているんじゃないかと思います
しかしながら、英語音声で中国語字幕だとぜんぜんわからないです。。。
修行が足りませんね。。。
「眠りの森の美女」は魔女が悪者ですが、
この映画は王が悪者です。
そもそも前王はなぜ森を侵略しようとしたんでしょうかね?
見どころは、
本当の悪はだれかということ。
本当の愛は存在しない?(人の野望は愛に勝る)
見る方向を変えれば誰でも悪者になるってことですね。