異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

 中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

中国のハワイ海南島三亜「Sanya」(2)三亜の観光地って?

三亚(三亜)は中国読みで「サンヤー」と読みます
今回の三亜旅行ですが計画は全くなしです。三亜はビーチでのんびりするところだと思ってました。

と言いつつも朝どこに行くか決めることになります。
スマホの携程(Ctrip)アプリで現地ツアーを探しますが、当日のツアーはなくて、
この日は三亜湾周辺をぶらつくことにします。
とりあえず、立派なホテルが立ち並ぶ鳳凰島を見てみたくて近くまで行きました。
変な形のホテルが建ってます。

このホテル、事前にホテルを探して、予約するときに価格を見ましたが、めちゃ高いです。
高級リゾート地って感じなんでしょうね。
鳳凰島には専用の車でしか行けない模様。
タクシーのおっさんが言うには

「今日のホテルを予約したいから連れて行け」

と言って、行くだけ行って帰ってこればいいと言われましたが、そこまでして行くことも無いと思いやめました。



その後天涯海角(テェンヤーハイジャオ)を目指そうと思いバスを探します。
バス停に行くとなぜかバス停でタクシーの運ちゃんが親切に説明してくれます。
このおっさんかなり怪しいんですが、
後から分かったんですが、三亜のバス停で観光客を待ち受けてる人は、
個人で旅行会社やってる人や、タクシー運転手で、この人たちはお客さんを
観光地に連れて行って、お客さんが観光地の入場券を買うと点数がもらえるそうです。
その点数がたまると500元のガソリン代がもらえるみたいです。
そのためタクシーもすごく安い値段で送ってくれます。
ただし、入場チケットを持ってないことが条件
その運ちゃん曰く天涯海角は岩しかないので面白ろくないと、まだ西島のほうがいろいろ遊べると。。
市内から西島までメータで46元でしたが、20元でいいとタクシーの運転手に言われたので

三亜の西島

どのみち行こうとは思ってましたが、言われるがまま行ってみることに、一人140元です。
島には小型のボートで行きます。10人乗りぐらいでしょうか?
速度は相当早いです。やっぱ波が高くて、結構ガンガン衝撃が来ます。


島に着くと砂浜は水がきれいです。

スキューバーダイビング

彼女が潜水(スキューバーダイビング)をしたいというので、私自身も初めて酸素ボンベを背負ってみることにしました。
泳げない彼女と違って日本人なので水泳は出来ます。この時は簡単に考えていました。。。
一人460元。。。結構高い。スキューバーダイビングといってもインストラクターと1対1で
ちょっとだけ潜るだけです。しかもこいつらインストラクターは。。。。

女性ばかり選んで私のところに全然来ない。

やっと順番が回ってきて潜ってみますが、2〜3mぐらいでしょうか、潜ると耳が痛い
しまいには頭が痛くなってきます。。。これ結構耐えきれない痛さです。。。ボンベがあるから息はできますが、これちょっときつい。
まあ、もう二度と体験しないでしょう。。。。。。彼女の方も、

「再也不想体验」

二度と体験際たくないと話してました。



この島の砂浜の砂は結構ざらざらしていて、きめ細かい砂とは違います。
サンゴや貝の死骸がたくさん落ちてます。



そのあとこの西島内を回りました。
20元の自助餐の優待券があったのでここで食べましたが、
私はこういう所で食べるのは苦手です。


再びモーターボートで西島から海南島本島に戻ります。
着いてから出口ではタクシーの運転手がうようよ集まってきます。
安いタクシーを探しますが、50元は高い。
最初80元とか言っていたから、
この商売根性なんかすごい
来るとき20元だったので30元まで下げさせようとしましたが、
失敗に終わりました。


仕方ないのでバスに乗って南山寺に向かうことにします。
路線16号バスで行けるようです。



つづく