異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

春節雲南紀行(5)麗江旅行の秘密1-現地パックツアーの値段

雲南 麗江 旅行

2014年2月2日
夜、麗江古城はライトアップされています。

なんか千と千尋の世界を彷彿させます


麗江現地ツアーに行くには

泸沽湖から帰った後に停まる事前に予約した客栈(宿)を先に見つけて
荷物を置かせてもらいました。木府の近くです。
占地斯门客栈ということろですが、風情のあるところでした。
そこの老板の娘が大学で日本語を勉強しているそうです。
4日に帰ってきたら話してあげてくれと言われました。
ここの老板に泸沽湖に行った後の玉龙雪山(玉龍雪山)の手配を
してもらおうと思い聞いています
麗江古城内にはいろいろなパックツアーを申し込める場所がたくさんあります。
香格里拉(シャングリラ)
泸沽湖(ルーグーフー)
拉市海(ラーシーハイ)
玉龙雪山(ユーロンシュエシャン)

他にもたくさんパックツアーがあります。
しかしながら料金が申し込む場所によって違います。
ここで申し込むと、何時にどこどこに集合ということになります。
一番楽なのは客栈に手配してもらうのが一番手っ取り早いです。
その場合客栈まで迎えに来てくれるか、もしくは老板がそこまで送ってくれるか
でとても楽です。
ただしマージンが入っている可能性があるので内訳を聞きます。
色々手配してくれるんだから少々のマージンぐらいはいいんですけど、
あまりにも高いとあれなので。。。
パックツアーと比較して、行く場所、食事の有無、入場料、買い物の有り無しなど
必要なものを外の店と比較して交渉します。
(安いけどどこかで買い物しなければいけないとかそういうのもある)
玉龙雪山に行くパックで外で一番安いのが480飯なし、環境保護費(丽江古城维护费)80元も無
というのが安かったんですが結局、環境保護費は払わないといけないし、客栈で頼むのが一番楽で安いということで
玉龙雪山には結局一人560元で飯、送り迎え付きで行くことにしました。
マスターいわく4日の夜までに決めてくれればいいということでした。
他の店ではもう人数が埋まるとか言って、すごく焦らせるところもあります。


一番最初の客栈だと670とか言っていたのでまあこれでいいのかな?
と思います。

ちなみに木府などの入場料も客栈で買ったほうが安いです。


行ってみないとわからないことってたくさんありますね。