異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

11月11日は買物節、怪しい店もたくさんあるかも

暮らし、文化

11月11日は购物节(購物節)ということで、買い物をする日みたいです。
だれが考えたんでしょうね。
光棍節という独身者の日(“光棍”的意思便是“单身”全部一だから一人っていう意味でしょうか)
それがもともとの日みたいですね。それで理由をつけて何か買わせようということか。。


その一日だけで相当売り上げがあるみたいです。
儲かるから?淘宝(タオバオ)の天猫モールとか京東JD.COMとかが大々的に宣伝しています
駅の看板はその看板ばっかりです。看板上がってるのが、
ネットショップばっかりというのがどういうことなのかわかりませんが。。。
天猫では5折つまりは半額で売るって事ですが、これがちゃんと半額になってるかどうかはやはり怪しい。。
どうでもいい物ばっかり半額のような気がする

最近日本の某サイトの優勝セールで原価がおかしなことになってたりしましたが、
その本家は中国なんじゃないかと思ったりします。
中国の人々はその辺わかってて免疫があるので、甘くないです。
中にはおばかさんもいますが。。。

タオバオや、天猫は同じ商品でも店によって全然値段が違うので、
その辺を見極めて買う必要があります。
各種ネットショップの盛り上がりに対して、一方、一般のショッピングセンターはそれほど
購物節で盛り上がってない気がします。


物を買う日を作って少しでも経済活動を発展させようという考え?でしょうが、
物の値上がりに対して、人々の懐はそれほどでもないんじゃないんでしょうかね?
なんせ高い。それでも過去最高売り上げを更新するんでしょうかね?


くれぐれも騙されないようにしましょう。