異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 記事一覧表示
スポンサーリンク

中国時代ドラマ 乱世佳人

中国時代ドラマ

乱世佳人
「佳人」jiārénはそのまま美人って意味です。
このドラマも一種の反日ドラマでしょうね。
旧日本軍が満州に侵攻して上海に到達するぐらいまでのドラマです。


张莲心(ティファニータン)が日本軍によって強制的に入宮させられそうになる。
清朝の古宮で働かされそうになるが逃げ出す。)
そこからいろいろと話が展開されていくのですが、
清朝の格格は古代の衣装

日本軍は軍服
一方で洋式のスーツを着た人もいる。
本当にこういう感じだったのか?!!
舞台は上海に移ります。
高級な女性はいつもドレスを着てる。(中世風)
高級感あふれる旗袍(チャイナドレス)を着る場合もある。

いまの上海ではありえない光景
下級の人たちは想像通りの服


このドラマの中で悪玉(山田大佐)が出てくるが
日本語は一切話さない。
中国語で部下に命令し、部下が「はい!」と答える
なんとも不思議な会話です。
ドラマ全編を通して出てくる日本語は「はい」だけだと思う。

日本軍はひたすら上海で細菌兵器の開発実験を行っています。
それを何とかしようと锦荣集团、张莲心を取り巻く人々が戦っていきます。
全部見たが主要な男性は一人除いてすべて死亡
悪玉の玄洋社(山田大佐)がラスボスです。
上海での戦争が始まる直前で最終回です。
結末もあんまりぱっとしません。


张莲心をずっとつけまわし、粘着する张文锦のストーカー行為
がすごく気持ち悪いです。

話の中に、「中国人が中国人と戦ってはいけない」って台詞がありますが、
歴史はずーとそういうことの繰り返しです。
しかもこの時にはまだ中国という国は無いはず。でも中華民国も中国なのかな?