異邦人になってみた~上海の人 

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異邦人になってみた~上海の人 

上海在住です。中国時代劇をよく見ています、中国旅行の事、weiboやQQの設定、一眼レフカメラの写真掲載、上海での日々の生活情報を書いています

 このブログについて(about)
 

中国旅行記(体験談)


 スポンサーリンク

四川、重慶フリー旅行IN春節 (13) 四川省、成都の夜

2017-1-31
春節旅行で重慶、四川に来ています。
この日は一日成都市内を観光しました。
夜になり夕食をとります。
夕食の場所は小场合という食事処です。
この店は成都にたくさんあるようですが、私たちは万象城商場の3階にある店に行きます。
正確な場所は双庆路8号です。地下鉄の双桥路から歩いてすぐです。

夕食は本場の四川料理

四川料理
ここの料理の花椒は雅安汉源花椒というとても有名な花椒を使っているそうです。
このしびれる感じはなんともいえません。わたしは大好きです。


麻婆豆腐も食べましたが、自分的にはいまいちです。中華料理は二人だとあまり頼めないので残念ですね。




食事が終って夜景を見ようということになります。遠くに見えるのは成都のテレビ塔でしようかね?


九眼桥

ここは夜の街といった感じです。
九眼桥
酒場がずっと並んでいます。
九眼桥

酒場へ

f:id:shan1tian2:20170131202220j:plain
九眼桥付近の酒場にいきます。ここら辺りは成都で人気の夜景スポットのようです。
酒場
府南河という川の両側が酒場になっています。
近くにはシャングリラホテルもあります。
夜景奇麗ですね。
友達が自分の友達を2人ほど呼んで酒場で飲もうということになります。
ここでカクテルを頼みます。多いかなと思いましたが、結構全部飲めました。
カクテル

この友達はひたすらtantanという出会いアプリを使ってます。
いろいろと武勇伝を聞かせてくれました。
若いですね~。うらやましいです。

九眼橋



明日は楽山に行く予定です。


続く

三国志の聖地四川省、成都市。武侯祠と宽窄港子。四川、重慶フリー旅行IN春節 (12)

2017-1-31
春節旅行で重慶、四川に来ています。
3日間の九寨溝ツアーが終了して再び成都に戻ってきました。
この日は日が出てから起きるというゆったりとしたスケジュールです。
もう既に結構疲れがたまってますね。カメラ二台持って歩くのはちょっと重いです。ということでこの日はオリンパスOMD-EM5Mark2だけ持って出かけます。
外に出てみると、成都にはなんとモバイクがあります。後で機会があれば乗ってみたいですね。

モバイク


地下鉄で移動してまずは武侯祠に行くことにします。武侯祠に一番近い地下鉄の駅は3号線高升桥です。

武侯祠

このあたりはすでに人がたくさんいました。
武侯祠の周りで蛋烘糕を食べます。これはクレープみたいなものです。

蛋烘糕


外には三国聖地と書かれた岩があります。

三国聖地

武侯祠

武侯祠

この日だけなのか、いつもなのか分かりませんが、武侯祠に入るには入場料が必要でした。
武侯祠の「武侯」とは三国志の「諸葛亮」を指しています。
この武侯祠は諸葛亮を祀った所です。
人がめっちゃたくさんいます。
f:id:shan1tian2:20170131111427j:plain

锦里古街

锦里古街


先に锦里古街

锦里古街

にいきます。锦里古街は武侯祠内にあるようです。
まずは锦里古街
中に入って先に小吃を食べまくりました。成都の小吃はおいしいですね。
まずは外で食べます。

三大炮

きな粉餅にあまだれをつけて食べます。おいしいです。

三大炮

担担面

本場のタンタンメンですがめっちゃ辛いです。

担担面


おいしいです。今までが今までだっただけに余計においしく感じます。
その後昼になったので、レストランに入って注文しました。

麻婆豆腐、素树面、种水饺

麻婆豆腐、素树面、种水饺

ここの麻婆豆腐は観光客用ですねあまり花椒が効いていませんでした
素树面ですが、タンタンメンとどう違うんでしょうかね?
种水饺は甘辛味の水餃子です。
どれも全部とてもおいしいですね。病みつきになりそうです。
友達はこの辺は本場ではないといいますが、それでも十分です。

外に出ます。春節用の綺麗な飾りつけがされています。

武侯祠

夜になるともっと綺麗なんでしょうね

武侯祠



武侯祠の有名なスポット。。。

武侯祠


途中の庭です。孔明苑と書いてあります。この前にはこれたぶん桃の花でしょうが、綺麗に咲いています。

武侯祠

その後、廟内を見学しました。最初逆走しようとしましたが、警備員に怒られ、庭の側から回れという事でした。
諸葛亮、関羽、張飛の像がありましたが、劉備がないと思ったら。

諸葛亮、関羽、張飛

諸葛亮、関羽、張飛

諸葛亮、関羽、張飛

劉備は別の場所にありました。

劉備


その外三国志内の蜀の武将たちの像がたくさんありました。
さらに博物館もあります。
青龍刀の先っちょってこんなに重そうだったのですかね?

青龍刀

三国志の書物もあります。
f:id:shan1tian2:20170131124744j:plain

別の場所にはこういうものも。。

出師の表


それにしても人が多すぎて、息苦しくなります。
武侯祠を後にして、宽窄港に向かいます。
武侯祠から57路バスに乗り商业口まで行き、そこから歩いてすぐ宽窄港に到着です

宽窄港子

宽窄港子

ここは清の康熙時代からの古い町ということですが、この日はめっちゃ人がいます。
ここにも一応見所はあるようですが、
ありえない人です。もうみるものも見れないですね。
ということでスタバでコーヒーを飲みまったりしていました。

宽窄港子


宽窄港子を後にしてまだ時間があるので
宽窄港子から歩いて人民公園まで行きます。
そこから地下鉄で、天府広場まで行きます。ここには凄い武器を持った警備員が巡回しています。装甲車もありました。

天府広場

天府広場

広場に集結して問題行動をおこさないようにするためだと思いますが、この石像?とかこういうのって如何にもって感じですね。

天府広場


そして早いですが、夕食の場所にいくことにします。
成都はパッとした観光地はあまりないが、特色のある食べ物はお勧めできる都市だそうです。

黄金の水?牟尼溝観光。そして再び成都に。四川、重慶フリー旅行IN春節 (11)

2017-1-30
1-28日から中国人向けの激安九寨溝ツアーに参加しています。
九寨溝からの帰り道です。
昼食を終えてツアー最後の観光地、牟尼沟(モーニーゴウ)に行きます。
途中、山を登っていきますが、登りの最中に松州古城の全景が見えました。

松州古城の全景

牟尼沟

このあまり馴染みのない名前、牟尼沟(モーニーゴウ)ですが、九寨溝とにたような感じだそうです。しかしガイドいわく
扎嘎瀑布(滝)だけ見て来いとのこと。。。他は九寨溝をみた後だとあまり価値がない。。。十分だと言うことです。
一番の違いはここの水は黄金に見えるとのこと。。。

牟尼沟は最高海抜4070m,最低海抜2800mということで結構高い場所にあります。
なんか普通に4000mとか言っているのがやはり中国ですね。

そして駐車場に到着してから与えられた時間は45分です。。。
これ全員見て帰ってこれるのでしょうか?
観光する前に先にトイレに行きます。トイレ付近には喫煙所と酸素室がありました。

牟尼沟

大急ぎでかつ、できるだけゆっくり登りますが、やはりこの辺は酸素が薄いのでしょうね。
緩やかな坂道を登っていきますが、結構息が切れるのが早いです。


途中から全体的に水が流れてきます。

牟尼沟

黄金にみえるというのは、地面が茶黄色いので金にみえるということでしょうね。
そして滝に到着します。

牟尼沟

まあ良いんではないでしょうか?
水がやはりとても綺麗ですしかも触ってみるとめっちゃ冷たい。

牟尼溝


水が綺麗です。
牟尼沟(モーニーゴウ)

牟尼沟の滝の上のほう日の当たらないであろう場所は凍ってますね。
牟尼沟(モーニーゴウ)
今回はキヤノンEOS6DとOLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkIIを使用して撮影しています。オリンパスのミラーレス一眼、手ブレ補正が強烈で、0.5秒程度の水を流して撮影するのに便利です。


写真を撮ったので戻ることにします。しかし45分まで戻れるのか?
帰る途中既に高山病になっている人がいました。。。完全にダウンしています。
戻ってみると。。。自分たちが一番乗り。。やはり中国人ツアーはこんなもんでしょうね。
ガイドさんに途中倒れている人がいたよと話すとあわてて見に行きました。
全く人が来ないのでもう一度トイレに行き、ついでに酸素室に入ってみます。

酸素室

酸素室。。。特に楽になった感じはしませんでした。
実は以前チベットに行ったときは大変でしたが。。。。

成都までのながーい道のり

来た道を戻ります。休憩所も行きと同じです。

牦牛


戻りは成都に近づくにつれ結構渋滞してきます。

成都に帰る高速道路

成都手前の都江堰で1家族が降りました。明日都江堰をみるのでしょうかね?
私も行きたかったです。
また、しきりに何時に成都につくのかをガイドに確認する人がいます。
どうやら高鉄でそのまま重慶に帰る人のようです。
ガイドさんは渋滞しているので確定はできないと話してました。


私たちは成都で2泊分の宿を予約します。
アプリで部屋がきれいそうだったので天紫金茂酒店を予約しました。
どうやらこのツアーバスはバスは2号線の金科北路が終点のようです。
終点につきました。重慶にいく人は別のバスに乗り換えていました。これってサービスなんでしょうかね?

私たちは地下鉄2号線で牛王庙まで行くことにします。
この時点で21時過ぎです。

成都に到着

成都の地下鉄

始めて成都の地下鉄に乗ります。
成都の地下鉄は水のチェックが厳しいです。専用の機械にかけて水かどうかをチェックしているようです。
また友達が持っていた整髪料は火のマークがあったので没収されました。

地下鉄の荷物検査

没収された友達に貴方は地元民じゃないのか?と聞くと地下鉄にはあまり乗ったことがないとww
水は何か機械でチェックしてようやく持ち込めます。
なんとも厳しいですね。

成都地下鉄


天紫金茂酒店

天紫金茂酒店

ホテル情報:
天紫金茂酒店Jinmao Holiday Hotel

このホテル、同じビルに3つホテルが入っていて、それぞれ受付が違います。もともとは商業施設だったのでしょうか?廊下の感じがホテルっぽくないです。
私たちは商店側から入り、チェックインします。
中に入るとエレベータは同じです。ここのエレベータ頭悪いw
部屋に入ると部屋からの景色はなかなか奇麗です。

成都の夜


食事に行ったあと風呂に入りましたが、ここの風呂。。。。
水が詰まっているのか風呂場自体が水浸しになってしまいます。
トイレットペーパーもありませんでした。
電話して持ってきてもらいます。

このホテル。。。。立地条件はいいのですが、だめだめですね。

夕食

常家面

近くの常家面の店に入りました。
ここの麺はうどんみたいな旦旦面?炸酱面?みたいな感じですが、
この酱がめっちゃ麻です。麻が好きな私としてはめっちゃうまく感じました。

常家面

今までの食事があれだったのもあるのかもしれませんね。四川で今のところ一番おいしい食べ物です。


ホテルに戻って風呂に入ることにします。
明日は成都市内観光です。時間的に少しは楽かもしれませんね。




もう12時過ぎなのに。。。この後友達がどうしてもというので。。。なんか怪しい事を考えて行動していました。
私は疲れたのでそのまま眠ることにします。





つづく

四川、重慶フリー旅行IN春節 (10) チベット族の聖水、買物

2017-1-30
1-28日から中国人向けの激安九寨溝ツアーに参加しています。
前回は九寨溝を堪能しました。


この日は成都に帰ることになります。
朝、朝食を食べて8:00に集合となります。
九寨溝とはこれでお別れです。
このツアーでは、成都に戻る途中にも観光地をいくつか回るようです。
バスに乗るとバスのガラスが結露してさらに凍ってます。相当寒いようですね。

凍ってる

贡岗岭

贡岗岭

最初に連れて行かれたのは贡岗岭という所です。ここで撒“龙达”を行います

撒“龙达”

タルチョーと同じ色の紙をばら撒いてお祈りをするというチベット仏教の儀式のようです。
仏教を信じない人はやらなくてもよいということでしたが、とりあえず撒いておきました。
またここには、現地の人がよく飲んでいるという水があります。私が勝手に聖水と名づけました。。
というのもこの水で手を濡らすと手がつるつるになります。温泉の水みたいですが、この時期、めっちゃ冷たいです。

贡岗岭の水

飲んでみるとちょっと普通の水とは違う硬水のような感じですね。
沢山の人が水を汲みに来るようです。
九寨溝の水道水は飲まないほうがよいとガイドさんが言っていましたが、こういうことだったのでしょうかね?
写真はあまりとらないほうが良いと言われましたが、お構いなしです。


こういう所はツアーじゃないと絶対に来ない所ですね。


再びバスに乗り込みます。

昼食、買い物

この辺りは漢方薬の薬草が取れるとのことです。そして上海などの都市より相当安いそうです。
なんでこんな話をするのか分かりました。。。
昼食会場と買い物がセットになっているようです。その会場に到着します。
ここに売られている薬草はグラム単位で売られています。
ガイドさんは漢方薬は3か月、半年飲んでやっと効果が出るもので、少ない量を買っても意味がないとのこと。。
見てみると1グラム240元とかw高いものでは300とか400とか!!!
黄金よりたかいじゃん。。。
高すぎるので買いませんw


食事になりました。写真を撮りたかったけど料理が出てきてすぐに食べだす中国人。。。。
写真を撮りたいというと、早く言えといわれました。。。。
ここの食事、見た目はまあまあですが、やはり味は。。。おいしくない。。。


昼食


結局、何も買わずにここを出ます。
昼食場を後にして、ある客が牦牛の肉を九寨溝で買ったったんだが、生臭いと話します。
ガイドさんは九寨溝で買うなとあらかじめ話していたようですが、この人は買ったようです。
仕方ないので牦牛の肉を売っている場所にバスで向かいます。
しかーし、ガイドさんの知っている店はこの時期はやっていませんでしたww
違う店に行き、牦牛の肉を買います。(私は試食だけです。)
試食しましたが、もらった肉は硬くてめっちゃ辛かったです。


ここでも何も買わずに終了しました。この日本人と汉奸は相当ケチだと思われていそうです。
バスに乗り次は、牟尼沟に行きます。






続く。。。

冬の九寨溝の夜。四川、重慶フリー旅行IN春節 (9)

2017-1-29
1-28日から中国人向けの激安九寨溝ツアーに参加しています。
前回は九寨溝を堪能しました。

九寨溝出口

あれだけ並んでいた人もすっかりいません。この時間帯に次の日のチケットを買えば楽ですね。
f:id:shan1tian2:20170129181129j:plain

ここの川の水の色、なんか濁ってますね。白濁な温泉の水みたいな感じです。
九寨溝出口

18:30ぐらいに九寨溝の入口からタクシーをひらってホテルに戻ることにします。
冬のこの時期、この時間でもまだ明るいです。



関係ないですが、宴会している人たちはどうしたんでしょうかね?
淡季ということもあって九寨溝に入った時もそうでしたが、店がほとんど閉まっています。
以前、九寨溝は冬場封鎖されていたようですね。そのためか冬はやっていない店が多いようです。
私たちのホテルは夕食も付いているのでホテルで夕食をとることにします。
ホテルに着き朝と同じ場所でバイキング形式の夕食を食べます。

食事

しかーし。。。この食事。。。。朝とあまり変わり映えがないではないですか。。。
味も付いてないし。。。おいしくない。。。とても腹いっぱいになるまで食べられません。

食事

少しだけ食べて部屋に戻り、温泉に入りにいきます。
温泉内には少女が入っていました。
私たちが入るとビビったか違う子供向けの温泉に行ってしまいました。
そのあと家族でしょうか?続々と入ってきます。
この温泉、温泉自体は割と大きいのですが、温かいお湯がある風呂は一つだけです。
ここに全員入ると、ちょっときついですね。。。

私たちは先に出ることにします。


部屋に戻りますが、やはり少しまともな食事がしたいということで、外に出ます。


私は麺を食べたかったのですが、私たちのホテルは少し辺境にあり、店が少ないです。
さらに、看板に麺と書いてあっても、この時間帯麺を作ってくれる所がなかなかありません。
やはり麺は朝食べるものなのでしょうかね?


仕方ないので寒いですが、少し遠い所に行こうとおもいます。
空を見上げると星が奇麗に出ていました。あいにくEM-5Mark2は持てっていたのですが、
三脚は持ってこなかったので良い写真は撮れませんでした。手ぶれ補正あってもぶれブレです。
何とか一枚取れましたが、あまりきれいではないですね。

九寨溝の夜空


丁度バスの駐車場あたりで偶然ガイドに会います。どうやら宴会が終わってからの送り迎えのようです。
まともな食事をしたいと話すと、じゃあバスに乗れよ、送ってやるといわれ、バスに乗ります。
今日のことが会ったからでしょうか?少し優しいです。

九寨溝の夜の街

バスを降りて街をうろうろしますが、閉まっている店が多く、やはりおいしそうな店がないですね。。
というのも烧烤の野菜の葉っぱがしなれていたからです。どう考えても相当日がたっていると思われます。
一軒しつこく声をかけてくる店のおっさんがいましたが、結局なにも食べませんでした。
スーパーで買い物をして、タクシ―で再びホテルまで帰ります。
その後ガイドから電話があったようですが、ホテルに戻ったというと、あっさり切られたようです。
なにかあったのでしょうかね?

九寨溝の夜の街


九寨溝の夜は寒くとても静かです。川の水の音が響いていました。




部屋についてからカップ麺を食べます。激麻です。おしいいww
疲れました。おやすみなさい。






つづく。